当たり前ではなく、当たり前以上を目指す。

アドスタイルは、インターネット広告の媒体の特性や広告商品の知識、ノウハウを消費者購買行動に合わせた広告展開が強みの総合広告代理店です。
過去の経歴や業種も全く違う社員が、自分の理想を実現するために アドスタイルで自分の強みを生かしてどう成長したのか。
活躍する社員の1日の業務の流れや内容を通して、仕事のやりがいや想いを聞いてみました。
アドスタイル社員の仕事に対する熱意に触れてみてください。

悔しい気持ちが、今に繋がったんだと思っています。

運用部 マネージャーR.Y.

3年目でリーダー、4年目で念願のマネージャーに昇格。

入社後、4年目で営業マネージャーに昇格。
入社当初はなかなか数字が上がらず、他のメンバーは2年目でリーダーになる人が多かった中、私は3年目でリーダーに昇格しました。
誰よりも下積みが長かったと思います。
だからこそ、悔しさをバネになんでも一生懸命がむしゃらにやりました。
上司や先輩からもたくさん可愛がってもらって、大事に育てていただいたと思います。
いつか周りが驚くくらい成長して、支えてくれた人たちに恩返しをしよう。
そして、この悔しさを未来の糧にしよう︕そんな気持ちが、今に繋がったんだと思っています。

自分らしく色んなことを試してみてほしい。

新しく入られる方には、まず自分らしく色んなことを試してみてほしい。
まずやってみてもらって、だめだったときに「なぜだめだったか」を一緒に考える。
僕がかつてそうしてもらったように、新しい方のことも大事にしたいですね。

悔しさをバネに、なんでも一生懸命がむしゃらにやりました。

1日のスケジュール

午前

08:00 起床
08:10 朝食
08:30 出発
09:50 出社
10:00 始業、朝礼
10:10 メールチェック
10:30 広告進捗確認/広告運用
12:00 社内ミーティング
13:00 ランチ

午後

14:00 広告進捗確認/広告運用
15:00 社内ミーティング
16:30 社外ミーティング
18:30 広告入稿業務
19:50 日報作成
19:20 退社
20:00 会食
23:00 帰宅
24:00 就寝

求人採用のエントリーはこちら

ENTRY