私の相棒を紹介します

こんにちは。

いつも隅っこの方であみものしているおばさんです。

ちょっとした人混みの中、いきおいよく手を振って歩いていると、同じように手を振って歩いてきた後ろの人と一瞬手をつないじゃうことってないですか?私は昨日ありました、品川駅構内で。袖すり合うも他生の縁つーことですね。

さて、そんな(どんな?)私が最近ヤ○オクでゲットした1989年生まれのマシンがこれ。

リッカーRCM1230という和名がついていますが、中身は世界最高峰のミシンメーカー、スイスのベルニナという会社が製造した当時23万円ほどしたミシンです。(今はヤ○オクで2万くらいです)

実はここ10年以上、ミシンを買おうかどうかずーっと迷っていたんですね。欲しいミシンはパワーがある職業用ミシンで10万以上するし、そうすると直線しか縫えないから別に普通のミシンも買わなきゃいけないし、そんなの置く場所ないし、お金もないし…と無限ループしていたのですが、そうだ!中古があるじゃないか!と。元々がとっても頑丈で、メンテナンスすれば死ぬまで使えるといわれている、ベルニナなら、20年くらい前のモデルでも全く遜色なく使えます。逆に今売られているモデルよりも角張ったデザイン、質実剛健な機能にそそられるー!

というわけで、先日ゲットしてからは毎日、あんなもの、こんなもの作りまくっています。正直、今までなんで買わなかったんだろーと。

これのおかげで今年もまた全然山に行かなくなりそう…次回は忘れないように山のこと書きます!ではまた。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

エントリー